健康な今、がん保険を考える理由

現在がんは、日本人の約三割の人ががんが原因で亡くなっている死因第一位の病気です。しかし医療技術の発展により、早期発見すれば治る病気とも言われるようになりました。
今では早期発見した場合、全がんでの5年生存率は90パーセントを超えるほどになっています。

そこで必要となってくるのがもしもがんになってしまった時の備えです。
がん保険は、医療保険の中でもがんだけに特化しており、治療が長期化しやすいがんの特性に合わせた保障が受けられます。

がん保険と一口に言っても、診断給付金はあるもの、上皮内新生物の場合は保障されないもの、一生涯あるいは一定期間のみ保障してもらえるもの、がんと診断された時点で以後の保険料が免除されるものなど様々です。
また、どのがん保険にも言えることは保障の開始日から90日間の待機期間があるということです。
これはがんには自覚症状がないケースが多いため、契約の公平性を維持するために設けられた期間で、がんと診断される90日以内にがん保険に入った場合は本人がその事実を知っていなくても契約は無効となってしまいます。

いつ誰がなってもおかしくないがんに対して、健康なうちにがん保険という方法で備えておくというのはとても賢明な方法だと思います。
保障内容や給付金の金額、保険料も多様ながん保険を選ぶことは、がんとともに生きていくためのご自分のにあった生き方をがんになる前に考えるよい機会になってくれると思います。