がん保険はもしもの時の強い味方

幅広い病気やけがを保障してくれる医療保険は、病気やけがでの入院や手術を受けた場合に給付金が支払われるもので、がんにかかった場合も保障は受けられます。
しかし言いかえると、医療保険では入院や手術をしないと給付金がもらえず、また保障される入院日数にも限度があるなど、最近では少なくない通院での治療をしている方や、再発や転移などもあり治療期間も長引きやすいという特徴のあるがんには一般の医療保険ではカバーしきれないというリスクがあります。

がん保険というものは、医療保険の中でもがんに対する保障を重点的にカバーしてくれる保険で、がんの特徴に合わせた保障が受けられるようになっています。

例えばがんと診断された時点で一時金として給付金がもらえる診断給付金は、これからがんと闘っていこうとする人への準備金としてとても助かります。
さらに、抗がん剤治療などで長期化しやすい病気であるため給付対象となる入院日数にも上限がなかったり、またがんの治療に有効とされる先進医療は健康保険が適用されないものが多く、自己負担では莫大なお金がかかってしまいますが、がん保険では先進医療でかかった費用と同額を保障してくれたりします。

がんにはならないにこしたことはありませんが、もしなってしまったら、がん保険という強い味方がいると、がん治療へも前向きに向き合っていけると思います。